ワキガ手術は剪除法

。大阪などでも行われている主なワキガ手術は剪除法というのがんじで脇下を切開して裏返しの状態にしてからドクターが目視でアポクリン線を1つ1つ除去していくものだ。こちらはとても効率が良くてワキガにも効果的ですが術後は脇の下に3〜5pの傷跡が残ります。皮下組織吸引法は脇の下に小さな穴を開けてアポクリン線、皮脂腺などを掻き出して吸引するというものです。ワキガの治療の中しかしていながら、手術は原因そのものを取り除くため、根本的な治療となってくるでしょう。手術イコール皮膚の切開と言う事ということで切に信頼のできる腕の確かなドクターの元で行いましょう、症例などを見て判断します。ある意味小さな穴しか開けませんので剪除法よりは傷跡は微細そのためね。日帰りできますが、1〜2週間はわき部への圧迫などはNGですね、これも医師の腕がもっとも肝心です。